ITATSU.NET
Diary / ダイアリー

バックナンバーリスト  


バックナンバー  2005年03月のDIARY  


2005.03.31 / 春です!

 
3月も終わりですね、いよいよ新年度の始まり!新たな環境に身を置くことになる方も多いことでしょう。山形県鶴岡市から帰京しました。月山(がっさん)辺りの川と雪の景色は美しかったな〜。わかってはいたけど鶴岡と東京の気温差に…(笑)。東京、暖かいです!春です!花粉症の方には申し訳ないけどワクワクする季節ですね。

夕方自宅に到着、軽く食事をしてアース・トレーニングセンターへ。1時間15分ほどでしたが密度の濃いトレーニングが出来ました。帰宅してまた食事(笑)。しっかり寝て回復を図ります。



2005.03.30 / 海坂藩

 
パパの明日はわからない』ツアーも3ステージ目。山形県は鶴岡市での公演でした。庄内地方は、ここ数年山田洋次監督による映画化(たそがれ清兵衛隠し剣・鬼の爪)でよく耳にする旧“海坂藩”。実在の藩ではないんですよね?詳しい方教えてください(笑)。残念ながら何度も公演で訪れているわりにゆっくり市内を歩いたことがありません。一度ゆっくり時間をとって訪れたいですね。

写真は庄内出身の劇団制作部、佐藤かおりさんのお父様より差し入れ、4cmぐらいのクロダイの佃煮(って呼んでいいのかな?)。



淳久雲堂書店


2005.03.28 / 村上市内の居酒屋にて

 
沖縄の三線(さんしん)を弾き、歌うマスター。



2005.03.27 / 『パパ明日』’05

 
パパの明日はわからない』'05が幕を開けました。場所は福島県の原町市民文化会館ゆめハット。おかげさまでいい返り初日を迎えることができました。

今回の稽古期間に掴んだもの…まだ納得いかないのですが(笑)…にプラスして、もっともっと感動のある舞台に仕上げたいです。応援よろしくお願いします!



2005.03.25 / ザンネンー!!

 
午前中歌やダンスの稽古をして、午後は通し稽古。新メンバーは衣装を着て早替えの練習も兼ねたり。実際に通してみるとつかみかけたものが流れていったり…そうそう上手くはいかないです。が!…新たなチェックポイントを確認して明後日の本番に備えるだけです。

通し稽古終了後にトラックの積み込み。比較的早く終わって不動前のアース・トレーニングセンターへ。いいコンディショニングが出来ました。

どうしても髪を切りたくなって(笑)地元で明朝早くから営業している美容室を探していると…ナント週末は23時までやっているお店を発見(@_@;)!!オドロキです。無事さっぱりして帰宅。サッカーW杯アジア最終予選イラン戦ザンネンー!!!



2005.03.24 / 新しいポイント

 
『パパ明日』稽古後に元劇団員で現在『天狗のかくれ里』下座バンドメンバーの粂井麻里さんの自宅で発声のレッスン。粂井麻里さんといえば『瓶ヶ森の河童』のソロなどで覚えている方が多いようです。新しいポイントを発見してきました(笑)。いいパフォーマンスにつなげたいです。



2005.03.23 / 熱気

 
連日『パパの明日はわからないの稽古、“熱気”があります。ツアーの過酷さや回数を重ねるが故の鮮度の低下などと常に戦っているんですが、そういったものを乗り越えて「いいモノを創りたい」「新しいモノを生み出したい」という意欲が爆発しそうな勢い(笑)。千秋楽までカウント・ダウンの始まる『パパ明日』、応援よろしくお願いします。



2005.03.22 / 胴体力

 
パパの明日はわからない』の稽古終了後に日本舞踊のお稽古に行きました。腰痛でリタイアする前、女踊り、男踊りそれぞれ一曲ずつ習い終えていたんですが、最初にやった女踊りが幼い女の子の踊り、今回始めた女踊りは娘の踊り。もう全く違う発見の連続で“女をやるのは命懸け”(笑)。

先生にも「男性は女踊り、女性は男踊りをやったほうがいい」と言われていて、少し習ってみて実感です。身体機能の特徴が本当に違うようです。変な汗をかきながら(笑)スーパーボディを読むージョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」の著者、伊藤昇さんの言う「伸ばす/縮める」に当たる動きだと思いました。すごく面白い本ですよ。初動負荷トレーニングをしつつ見えてきた自分の身体の改善点なのでより意欲が沸きます。


淳久雲堂書店


2005.03.21 / パパの明日はわからない

 
ミュージカル『パパの明日はわからない』の稽古がはじまりました。「もう何年もやってるんだから稽古なんかしなくたって…」と思われるかもしれませんが(笑)大事な期間なのです。でもデータを見ると昨年末で207ステージ!!僕は途中77ステージ抜けていますが確かにすごい数です(@_@;)

今日の稽古は新メンバーをはめ込む段取りやそれぞれに課題に取り組む感じだったでしょうか。『われら地球族』を執筆中の石塚克彦さんも一瞬顔を見せたり。稽古日程的には余裕のある期間なので夕食前に終了。不動前のアース・トレーニングセンターへ寄ってから帰宅。“数日もつだろう分(笑)”の料理を作り夕食。

劇団事務所で見つけた『われら地球族』のポスター。




2005.03.20 / 福岡沖玄海地震

 
先日公演してきたばかりの九州北部で地震のニュース。被害の大きさが時間の経過と共にわかってきました。3月16日のダイアリーで紹介したabekiさんは比較的早く連絡が取れて無事が確認できましたが、実家が福岡の劇団員は電話がつながらなかったり…。おそらく佐賀県内でも被害があったと思うのでそちらも心配です。



2005.03.17 / コロコロ付きバッグがっ!

 
福岡から帰京しました。朝、ホテルで荷物をまとめて部屋を出ようとすると…コロコロ付きバッグのアームが伸びない( ̄□ ̄;)!!仕方なく不器用にバッグを転がしてホテル〜薬院駅〜天神南駅〜天神地下街〜天神駅〜福岡空港…そして羽田空港から自宅まで(汗)。

う〜んこういうの修理してもらえるのかな。丈夫(特にタイヤ)で軽いコロコロ付きバッグに詳しい方(?)いい情報があれば教えてください。そう頻繁に買い換えるものでもないので意外と買い換えには苦労するんです(笑)。



2005.03.16 / 『リバーヘッド』メルパルク FUKUOKA

 
『リバーヘッド』メルパルクFUKUOKA公演終えてきました。近頃の作品の中でもダントツに短い上演時間(休憩を入れて約1時間50分)、本当に駆け足の2日間でした(笑)。水には苦労してきた福岡市(地下商店街に大量の水が流れ込み大きな被害が出たことなどは記憶に新しいです)、また新たな視点から『リバーヘッド』に取り組むことができ、幸せでした。

雨がぱらつく中バラシを終えてホテルに戻り、「う〜んお腹は空いてないけどちょっとホッとしたいな…」ということで福岡に到着した日から気になっていたCafeへ。なんで気になったかというと…写真参照(笑)。西鉄&地下鉄薬院駅前の駐車場に店を構えている“abeki”。元々は「コーヒー飲めなかった」という店主が切り盛りする軽ワゴン車内には所狭しと器材が。やってくるお客さんたちも感じが良く、すっかり長居(笑)。久しぶりに美味しく、優しいコーヒーに大満足でした。

『abeki』
福岡市中央区白金1−20 薬院駅前パーク3
月〜金 12:00〜23:00
 土  15:00〜23:00
日祝  定休日




2005.03.15 / 『リバーヘッド』佐賀市公演

 
『リバーヘッド』佐賀市公演無事終えてきました。フィナーレがかなり盛り上がって初日らしい?舞台になったのではないでしょうか。アンコールありがとうございました!



2005.03.14 / “水”がテーマのミュージカル

 
11時台の飛行機で福岡に移動してきました。
いよいよ明日『リバーヘッド』'05年キャスト版(笑)が幕を開けます。



2005.03.13 / 風の王国

 
9日のダイアリーに登場した花柳鶴寿賀先生にお借りした本がとても良かったです。『みちぶしん』の“海の人・山の人”の話が出たときに鋭く反応されて(笑)紹介していただきました。五木寛之著の『風の王国』です。

読み終わったら(読みながらも?)風を切って歩きたくなる一冊(笑)。巻末の解説から言葉を借りると…
伝奇小説あるいはSFの要素を持つ奇抜なアドベンチャー小説の体裁をとりながら、『風の王国』は現代日本人の肺腑をえぐる鋭い思想性をはらんだ問題を、読む者に投げかけてくる。

非常に難しいテーマを提起しているのですが、まるで風を切って高速度で歩いているかのように一気に読んでしまいました。元々歩くことが大好きなのですが、読み終わるころにはもっと好きになっていました。以前、取材と執筆で全国を渡り歩いていた五木寛之氏がテレビのドキュメント番組に出演されていたのを観たのですが、自宅を持たないと聞き驚いたのを思い出しました。まるで『風の王国』の中の“浪民”のように。

そして今日はミュージカル体験塾卒業公演の日。塾生さんたちの熱気・また熱気の中、舞台バラシまで手伝い帰宅。塾生のみなさんお疲れ様でした!


淳久雲堂書店


2005.03.12 / 潤さん

 
画家の知人が都内で絵画展を開いているのでご紹介。
今年2月に開催された「パリ・美の開放展inルーブル」で印象派賞を受賞されたそうです(出展すると聞いたところまでで連絡が途絶えていたので知らなかった…笑)。おめでとうございます!
お時間のある方ぜひぜひ顔を出してみてください。

” 絵画展 「カフェ」
会場:Cafe Lavande
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-12(JR恵比寿駅すぐ)
Tel & Fax: 03-3780-5225
営業時間:12:00〜18:00(定休日なし)

潤さんが会場にいるのは、水曜日、土曜日、日曜日だそうです。
僕も『リバーヘッド』のツアーから戻ったら行く予定です。



2005.03.11 / 徳山村写真全記録

 
リバーヘッド』の稽古が始まると必ず目を通す写真集があります。増山たづ子さんの徳山村写真全記録です。増山たづ子さんはダム建設のため地図の上から消された岐阜県旧徳山村のおばあちゃん。無私な写真がただひたすらに観るものの心を打ちます。この写真集を観ると、『リバーヘッド』へ向かう闘争心がふつふつと沸いてくるのです。


淳久雲堂書店


2005.03.09 / 再会

 
いよいよミュージカル『リバーヘッド』の稽古開始。久しぶりの客演の方も何人か。作品の切り替えに伴うトラックの積み替えをしつつまずは踊りの位置取り、振り起こしから。夜は不動前でトレーニング。

そのあと2年振りぐらいで日本舞踊の師匠、花柳鶴寿賀先生と恵比寿駅で待ち合わせ(お稽古場の場所が1年前に変わったため)。腰痛の悪化で中断していた舞踊のお稽古を、劇団のミュージカルの本番をやりながら再開出来る目処が立ったと報告。日程を合わせたり、この間にあ互いにあったことなどを話していたら終電の時間!帰宅。



2005.03.08 / 好きということ

 
質問をいただきました。
板津さんはどうしてふるさときゃらばんに入られたのですか?どうしてっていうのは変かもしれませんが。どんな風に考えて、どんな風に入団されたのでしょうか。

う〜ん…(笑)。劇団を知ったのは新聞社に勤めていた父の関係。
一度関わったら気になって気になって…「世の中には面白い人たちがいるもんだ」と(笑)。オーディションの日程を聞き後先考えずに応募。なんの下積みもないのに(笑)。

最近まで気がつきませんでしたが小学校のころからお芝居、歌は大好きでしたね。ただあまり男の子のやるものではない風潮でしたから。自分で好きだということを認めなかったんではないでしょうか。

ですから入団したのは“本能”とかです(笑)。あまり考えてません。芝居が、歌が、舞踊が「好き」と発言できるようになったのはつい最近です。質問の答えになったかなぁ?



2005.03.07 / ローレライ

 
映画『ローレライ』ほんとよかったっす(T_T)…終わった後の余韻がすごかったっす…観る前にたまたま見た書き込みにあまりいいことが書いてなかったので心配してたんすが…どうやら書き込む方は一部の文句のある方ばかりのようっす(笑)。しばらく引きずりそうっす…


淳久雲堂書店


2005.03.06 / 新潟県中越大震災復興応援コンサート

 
コンサート大成功だったと思います。山古志村や地元長岡市などから100名近く参加者を募って一緒に舞台に立ちました。“ふるさとの道”という曲を歌ったのですが、前日の稽古から子供たちの歌声に涙する劇団員続出(T_T)。ただこのままでは感動させてもらって自己満足で終わってしまうと腹をくくって歌いました(笑)。

貴重な貴重な経験となりました。



2005.03.05 / 長岡へ

 
長岡市立劇場入りして舞台の仕込みをしてきました。




2005.03.04 / 第十八代目中村勘三郎襲名!!

 
起きたら雪景色。今日は『新潟中越地震復興応援コンサート』の稽古。要所要所で災害の現実と重なり合ってくるコンサート内容なので緊張感もありました。

帰宅してから今日放送された十八代目中村勘三郎襲名にちなんだ特集番組をチェック。ファンになってから日が浅いのですが、その情熱にしびれっぱなしです(笑)。“一所懸命”“必死”…普段なにげなく使っているこんな言葉が真実味をもって迫ってきます。明後日のコンサートも、その準備から本番に至るまでなにか観に来てくださったお客様に持って帰っていただけるよう勤めたいと思います。



2005.03.03 / 名古屋へ

 
10時に小金井市にある劇団稽古場に集合、トラックの荷おろしをしたり『みちぶしん』の残務処理(?)を。とりあえず6日に迫った『新潟中越地震復興応援コンサート』用の積み込みに変える、暫定積み込み(笑)。なので1時間ほどで終了、不動前へトレーニングに。

そのあと2時50分東京駅発の新幹線で名古屋入り。市内のホテルで愛・地球博の期間前にプレイベント的に催されるMUSICAL SHOW『われら地球族!』の記者発表…のあとのパーティーに参加するため。全国から、愛知県中から集まってくださった皆さんの顔と熱気で、いよいよ万博とそれに関わる劇団のミュージカルがスタートするんだという実感が沸いてきました(笑)。

そして帰京( ̄Д ̄;)!!




2005.03.02 / 『みちぶしん』打ち上げ!

 
それは2月28日、日本青年館初日の出来事。いつものように仕込み(舞台設営のこと)が進み照明のあかり合わせ中…

照明チーフの武居さん、
「プラス3(第3サスペンション・ライトを足してくださいの意)!」
袖で作業していた僕(板津さん)、
「はーい!」
…チャンチャン!



2005.03.01 / 濃い一日だった…

 
午前中は田邉氏とホームページの新しい企画の打ち合わせ…って何回もここ(ダイアリー)に書き込んでいる気が(笑)。すいません、もう少々お待ち下さい。昼食後、不動前のアース・トレーニングセンターへ。

そのあと映画1リットルの涙を観ました。“脊髄小脳変性症”という難病にかかり亡くなった木藤亜也さんの日記を本にしたものが原作。症状が進行し、将来就ける仕事の幅がどんどん狭くなる中「お母さんのように社会の役に立つ人になりたい」と希望を抱く亜也ちゃん。主治医の先生に胸が締めつけられるような質問をして、それに先生が答えると「正直に話してくれてありがとう」と感謝する亜也ちゃん。自分以外を責めるような発言は一切なかったそうです。大切なものをたくさんもらいました。今度原作も読んでみたいと思います。

帰宅してNHKのプロジェクトX〜挑戦者たち〜を観ました。青函トンネルに文字通り命をかけたトンネルマンたちの回で楽しみにしていました。というのもミュージカル『みちぶしん』にもそんな男たちのドラマが登場するからです。明日以降の舞台でその執念の欠片のひとつも提供できればと思います。


淳久雲堂書店





build by HL-imgdiary Ver.1.25  



このページの先頭へ   

トップページへ